ろっぺんのプロフィール

 ろっぺん(鈴木 智子)

天命ストーリーライター

発酵道ラボ主宰

 

発酵道ラボとは、「発酵道」×「天命ストーリー」×「仕組み化」で

お金、時間、生き方の自由を実現し、腐らない貨幣経済の奴隷から自由になって

響き合うための学び場です。

 

子供の頃に読んだミヒャエル・エンデの『モモ』。

私は「モモのようになりたい」と思いながらも、「この世界はモモのようには生きられない」

心のどこかでそう感じた小学生時代から、すっかり灰色の世界の住人となって生きていました。

 

自動車メーカーで管理職となったのも、どこかで違和感を感じているのに、

お金の不安、評価を求めていたし、自らの労働力の対価としてお給料をいただく以外の生き方、

働き方を知ろうとせず、そして、する勇気がなかったから。

 

でも、やがて気づいたのは、この腐らない貨幣経済の奴隷となって

苦しんでいるのは従業員だけではないということ。

多くの企業が利益至上主義から抜け出すことができず、資本主義社会、

貨幣経済の歯車のひとつに組み込まれてしまっているのです。

 

今の生き方、働き方ではならないと真剣に考えるようになったのは

娘が生まれてからのこと。

この子たちのためにも、今までの「当たり前」以外の生き方、

働き方を見出さなければと、独立し、2020年から発酵道ラボを

始動させました。

このラボは生きとし生けるものたちに学び、変容しつづけることに

心開く場です。

等身大の幸せを知り、競争から共創・響奏の生き方へシフトする。

時間、お金の自由とともに心から願う生き方を丁寧に表現する。

いのちのもつ個性、才能で響き合い、互いに生かされあう経済圏を

つくることが本当の自由、幸せな生き方と繋がっていると思うからです。

 

もし、今の生き方、働き方に心のどこかで違和感を感じるのなら、

いのちが願い続けている「生きるべき物語」に呼ばれているからです。

なんらかの犠牲や奪い合いによってもたらされる「偽の笑顔」ではなく、

いのちの喜びを表現して響奏する生き方、働き方を実現したい方と

出会えることを私も楽しみにしています。

 

・発酵道とは・・・

「寺田本家」の故 寺田啓佐当主の『発酵道』に綴られている

生き方・商いの原則に加えて、

腐らない貨幣経済から自由になる方法、

等身大の幸せとともにある小商いの原則を伝承しています。

 

・天命ストーリーとは

神話の法則、ヒロインズジャーニー、キャラクターアーキテクトなどの

エッセンスも交えながら、ストーリーライティングを

通じた自己対話、対峙を通じて自らの天命、本来の自分を生きる力と

つながり、丁寧に表現する力を培います。

 

・仕組み化(オンラインの「場」で時間・お金の自由を実現する)

双方向の時間、お金の自由を具現化できる WIN-WIN の仕組みづくり。

あなたがいつ、どこにいても価値提供できる仕組みを

じっくり丁寧に作っておけば、24時間365日働き続けてくれます。