LINE登録で動画プレゼント「内向型がしあわせなビジネスをカタチにする3つのステップ」

「ネガティブ思考」「不安を感じやすい」繊細さが「魔法の力」である3つの理由と生かし方

ビビり小梅(内向型)

ネガティブ思考を直したいのになかなか直らない・・・

白目・・・

新しいことしたくても不安で行動に移せない・・・

そんなあなたは、失敗を恐れずどんどんチャレンジできる人を見て羨ましく思うかもしれません。あるいは、パワフルで外向型の上司から

吟ギラキムチ君(外向型)

「なぜ行動できないんだ!」「変化を恐れるな!」
「意志が弱すぎる」

などと言われたことがあったとしても、この記事を読んで、そういう人の話は気にしないで進めば良いということを知っていただければと思います。なぜなら、あなたが感じるその「不安」「ネガティブ思考」は、実は魔法の力だからです。

パーソナリティ心理学でもっとも信頼されているビッグファイブ診断の5つの因子のうちのひとつに「情緒安定性というパーソナリティ因子があります。

不安を感じやすかったり、ネガティブ思考に陥りやすいあなたは、情緒安定性のスコアが低い可能性が高いです。このスコアが低い人たちは、危険を察知する脳の器官=「扁桃体」が過敏であることがわかっています。つまり、脳レベルで不安を感じてしまうということです。

ビッグファイブ診断パーソナリティ5因子

  • 誠実性
  • 協調性
  • 開放性
  • 情緒安定性(←この記事はこのスコアが低い人が対象です)
  • 外向性

本記事は、ビッグファイブの5つの因子のうち、特に「情緒安定性のスコアが低い人」ネガティブ思考に陥りがちな人たちに特化して、なぜこの性質が「魔法の力」なのか、その理由と、能力の活かし方をお伝えします。

自分のパーソナリティ因子のスコアを把握したい方は、以下の記事にある診断から、ほんの1、2分で簡単にスコアを把握できますから、ぜひ受けてみてくださいね。

INDEX

情緒安定性について、心理学の最新の研究は何を示しているか?

さて、まず「情緒安定性(情緒不安定性)」の話から参りましょう。

実は、心理学という学問が始まって以来、長きにわたって外向的でポジティブな情動を持てることが幸福度を高めるという見解がずっと主流を占め、支持されていました。また「治療」の手法として、「行動療法」などの研究は進んでいる一方で、普通に社会で生活はできているけれども、情緒安定性のスコアが低い人たちが、しあわせに生きるにはどうしたらよいのか、という研究については、十分に進んでいるとは言い難い状況であることを心理学者たちも認めています。

とはいえ、最近は以前と比べて、内向的な人たちの幸福(ウェルビーイング)についての研究も進んできているのは確かです。たとえば、メルボルン大学のローワン・ジャック・ハミルトン氏は「外向的に振る舞うことのコストとメリット」について調査しています。

この論文では、内向型の人が外向的に振る舞うことで得られるポジティブな感情(メリット)も確認できる一方で、ポジティブな感情によって引き起こされた倦怠感(疲れ)やネガティブな感情を覆い隠してしまうことがあることにも触れられています。

今回の結果は、人は外向的な行動をとることでウェルビーイングを高めることができるという考えを後押しするものであると同時に、注意を促すものでもあります。おそらく最も重要な発見は、気質的に内向的な人は、外向的な行動をとることで得られるウェルビーイングの恩恵が少なく、ウェルビーイングのコストもかかるという観察結果です。

Costs and Benefits of Acting Extraverted: A Randomized Controlled Trial | Rowan Jacques-Hamilton University of Melbourne, Jessie Sun

残念ながらこの論文においても内向的な人たちの、より効果的なウェルビーイングの道筋を明らかにすることについては「次の課題」とされているのですが、内向型や、ネガティブ思考に陥りやすい人たちが、無理にポジティブ思考をしたり、外向型の別人を装ったりして、自分のパーソナリティを否定しているうちは、幸福度は高まらないという重要な事実を明らかにしてくれています。

では、何も変化することなく、今の自分をそのまま受け入れればよいのでしょうか?
残念ながらこれも違います。あなたが何らかの不安を心に抱くのは「今の自分のままではならない」「変化する必要がある」ことを教えてくれているからです。

現状にとどまらず、自分のパーソナリティも否定しない。

一見、矛盾することのように感じるかもしれませんが、真実はここにあります。

アナと雪の女王が伝える、「ありのままで本当の自分」になれてしあわせになれる道

アナと雪の女王「ありのままで (Let it go) 」という主題歌が日本で大流行しましたよね。Let it go というのはどちらかというと「放っておいて」というニュアンスの方が近いと思うのですが(そして、山ごもりしたエルサ (笑))、日本では「ありのままで」と翻訳されて大流行しました。

1作目では、エルサは自分の魔法を手袋でその能力を封印し、そして山ごもりしてしまったエルサが愛の力で魔法を使えば良いと気づきます。2作目では、自分の能力を受け入れているエルサが、その魔法の力を活かして国を救います(2作目を見ていない方はネタバレしてすみません・・・)

アナとエルサの関係は、陰陽そのものを表していますよ。明るくて前向きでポジティブなアナと、いつも悩みがちで独特の影をもつエルサ。

多くの子供たちが魔法を持つエルサに憧れたことでしょう。私の娘もです(笑)それは、エルサには魔法という「特別な力」があるから、と思った方もいるかもしれません。でも、世界中の子供達が「陰」の存在であるエルサに惹かれたのは、「陰陽」の「陰」の力、「魔法の力」を直観していたからだと思うのです。

どちらもこの世界に必要で、大切な存在です。だってエルサの力を本人以上に信じ、引き出したのは、魔法を持たない明るくて前向きな妹のアナでした。アナはアナらしく、自分のできることを貫いて、人々を笑顔にしている存在です。

ありのままで、本当の自分になれて、しあわせになれるのは、自分の持っている個性や性質、能力を悲しんで、封印したり、心のどこかで不安を感じている現状で満足することではありません自分のパーソナリティ(個性)、能力を深く受容して、自分のできることをする。その先に、現状にとどまらない本当のしあわせが開けるということを、アナと雪の女王は伝えてくれています。

情緒安定性のスコアが低いことは、魔法の力を持つエルサと同じです。

扱い方を誤れば、自分の可能性を狭めてしまいますが(エルサの山ごもり状態)、正しく扱えば自分も周囲の人もしあわせにすることができる(国を救う力になる)のです。

*追記:2021年12.18 神田沙也加さんへ:日本にはたくさんのアナがいて、その一人一人に希望を吹き込んでくださったのは沙也加さんです。あの素晴らしいアナの名演と、透き通った歌声の持ち主を失ってしまったのかと思うと、本当に残念です。でも、ありがとう。ご冥福をこころよりお祈り申し上げます。

不安、ネガティブを感じやすい、繊細な人たちの「3つの魔法の力」

では、ここからは「魔法の力」である3つの理由と正しい生かし方を具体的に解説していきます

「3つの魔法の力」

  1. 繊細さ・感度の高さ
  2. 思考の深さ
  3. 学習能力の高さ

魔法の力1:繊細さ・感度の高さ→その不安が「進んではならない道」を予見する

不安を感じやすい人というのは、実は人よりもセンサーが敏感な人です。冒頭に、情緒安定性スコアの低い人は扁桃体が強く反応すると書きましたが、これは、すべての人が持っている脳の性質ではありません。

このタイプの人たちの魔法の力は先回りしてこのまま進んだらダメな道がわかることです。

仕事にせよ、自分の人生の選択にせよ「嫌な予感」を感じた時点では、具体的に何がどうダメなのかということまで言語化できないこともありますが、その「嫌な予感」は、当たっていることが多かったのではないでしょうか。

情緒安定性の低さゆえに抱く「不安」「警戒」「違和感」といった「ネガティブ思考」は、崖からの転落を防ぐ安全柵のようなものです。崖から離れなさいと警告し、そしてもっと確実で安全な道があることを予見しているということです。

情緒安定性はあなたにそのまま進んではならない道を示唆してくれているのですから、不安や違和感を消すことは、崖の安全柵を撤去してその先に進もうとするのと一緒です。見えているのは崖からの転落です。あなたが痛手を負うことがわかっているから「不安」「違和感」「嫌な感じ」という形で、警告してくれています。

情緒安定性の高い外向型の人ならば、道なき道を切り拓いた英雄(ヒーロー)と称えられることで、危険を冒したことも、ひょっとしたら崖から転落したことさえも、ヒーローという報酬で正当化される可能性もあるでしょう。

でも、この記事をここまで読んでいるあなたは、崖から転落するリスクを負って受け取れる報酬やしあわせは、ごくわずかであるか、下手すれば大きなマイナスになることを、すでに感じ取っているはずです。

どこかの誰かを見て、進んではダメだとわかっている自分に合わない方法を取り入れたり、ちっともらしくない自分に変わろうとすることは、崖にむかって進むのと一緒です。進んだ先にしあわせになれるという希望がないと予見しているのであれば、自分に合う道を見つけていけばよいのです。これも道なき道を通ろうとがんばらなくていいし、「ゼロから進め」という話ではありません。

すでに誰かが通った道を「ちょっとずらす」「歩み方を変える」だけで済むことがほとんどですし、このタイプの人たちにとって、もっとも快適で、安心して進める道となるはずです。

魔法の力2:思考の深さ→目的×リサーチ×熟考力に裏付けされたパフォーマンス

では「ちょっとずらす」「別の歩み方をする」にはどうしたらよいでしょうか。

結論から言えば「徹底したリサーチをすること」です。不安を感じやすい人は、自分の不安を払拭できるくらい、価値を担保する「裏付け」が不足していることがほとんどだからです。「それをやって本当に意味ある?」という疑問に自分で答えられるだけの素材や理由、データが揃っていない。だから着手できなくなったり、途中でやめたくなってしまったりするのです。

「目的との深い一致」×「徹底したリサーチ」×「持ち前の熟考力」

これがカギになります。この3つを掛け合わせて、やるべき理由に裏づけされたコトとなれば、他の人が追随できない集中力で、とんでもないパフォーマンスを発揮します。

ただし、ここでひとつ注意点があります。リサーチ沼にハマらない。ということです。

ある程度リサーチをしたら仮説を立て、その仮説に基づいて行動を起こすことです。また、時間と労力との相談にはなりますが、複数のプランを持っておくと、失敗したとしても、別のバックアップがありますから、より安心して進めるはずです。そして、あなたのリサーチ力と熟考力が本当に活きるのは行動してからであることを忘れないでください。

行動した結果を分析するときに、あなたのその思考力の深さが真に生きます。そして、分析した結果からえられたことを次の仮説や具体的な行動計画に落とし込んでいきましょう。

魔法の力3:学習能力の高さ。行動からの学びを生かせば素晴らしい道が開かれる人

学習能力の高さは、内向型の特徴でもあります。内向型は知的学習が得意です。クラスで特に目立つことはなくても、成績は上位だった、という方もあるでしょう。これはなぜかというと、学ぶことで脳から快感物質が出るからです(笑)

不安を感じやすい繊細な内向型は、その「不安」が原動力になって、ことさら物事を慎重に調べたり、学習に時間をかける傾向があります。ですが、あなたが真に得た学びの9割は、行動から得た学びであることを忘れないでほしいのです。

不安を感じやすい人は過去の「失敗」の経験が強く記憶として刻まれる傾向にあるため、これがブレーキとなって進めなくなりがちになります。だからといってここで、アクセルをめいいっぱい踏み込んでも、絶対に進むことはできません。

ブレーキのきかない車ほど恐ろしいものはありませんよね。アクセルとブレーキを強烈に踏み込み続けた車はどうなるでしょうか? 待っているのは「故障」しかありません。つまりあなた自身が心身ともに疲弊してしまうということです。

ではどうすれば良いのかというと、魔法の力2で紹介した、あなたの思考力の深さ、分析力を生かすのです。かつて失敗ときと、今のあなたは同じではありません。それから、環境や取り組むことも違うはずです。あなたに警笛をならす過去の失敗があるのであれば、その原因をきちんと分析して整理し、これから取り組むべきことに対して、新たな仮説を立てて次の行動に移るということです。

ここでの注意点は、自分でコントロールできることと、できないことは切り分けることです。原因が環境や他者にあると判断されたときも、切り口を変える、アプローチを変えるなど、あくまで自分が変えられる行動に落とし込むことを前提にすれば、環境や他者に対して、無用なストレスを感じずにすみます。

まとめ:不安を感じやすい自分でよかった。うさぎとカメならカメの道を歩む

さて、いかがでしたでしょうか。これまでに扁桃体が鈍感な人たちや、外向型の上司からあれこれ言われたことがあったとしても、その人と自分は肉食獣と草食獣くらい違う、別の生き物だと思ってください(笑)。でも、エルサとアナがそうであるように、どちらも必要な存在、持ちつ持たれつの存在です。地球上のすべての動物が肉食獣になったら、それこそあっというまに地球滅亡ですが、草食動物だけでもちょっと困ります(笑)

不安を感じやすい人、繊細な人は、意志なんて、弱くて当たり前という前提で、そのセンサーを活かして自分が行動できる方法を身につけていきましょう。思うように前に進めない、一時停止のような時間があったとしてもそれは何も起きていない「無」の時間ではありません。今まで外向型のように、ポジティブな人のようになんとか頑張ろうとしてきたのならなおさら、本来のあなたが進むべき方向で進む必要があります。むしろ最初はそのことにかかる時間と労力に、途方もないと感じるかもしれませんが、私たちはうさぎとカメならカメの人です。

カメであるあなたは人生そのものや、すべての物事に対して「意義」や深さ」を求める人であるはずです。カメであることに劣等感を感じる必要はありません。一見華やかそうに見える、うさぎの道ではなく、着実にあゆみを進めて、カメの道を追求していった先には、他の追随を許さない世界が広がっています。

友だち追加で特別動画をプレゼント!
LINE友だち追加
LINE友だち追加で特典動画プレゼント

スマホの方は下のアイコンをタップ!

友だち追加

特別動画のほかにも内向型のビジネスに役立つ情報やプレゼントを配信しています。

ぜひ友だち追加してくださいね。

静かな力を解き放て

この記事を書いた人

ろっぺん
内向型専門コーチ・コンサルタント。
自身が内向型であり、その経験を生かして内向型の大人、子供たちがしあわせに生きるための情報を発信。

内向型専門の起業の学び場「陰キャリ」を主宰し、内向性を生かした資産型ビジネスの構築法や、内向型のお子さんをもつママのためのコーチングも提供している。

INDEX
閉じる