LINE登録で動画プレゼント「内向型がしあわせなビジネスをカタチにする3つのステップ」

「ネガティブ思考」に陥りがちな情緒安定性が低い人が幸せに生きる為の3つのヒント

ビビり小梅(内向型)

ネガティブ思考を直したいのになかなか直らない・・・

白目・・・

心配性で完璧にできないと不安・・・

そんなあなたは、ひょっとするとビッグファイブの情緒安定性のスコアが低いからかもしれません。ビッグファイブ診断というのは現在パーソナリティ心理学でもっとも信頼されている診断であり、5つの因子でパーソナリティ特性を診断します。

  • 誠実性
  • 協調性
  • 開放性
  • 情緒安定性
  • 外向性

さて、本記事は、ビッグファイブの5つの因子のうち、特に「情緒安定性のスコアが低い人」ネガティブ思考に陥りがちな人たちに、希望のある話を伝えたいと思っています。というのも私自身が、情緒安定性のスコアは平均よりやや低く、この性質とどう向き合うべきであるのかということを、ひとりの当事者としてずっと対峙してきたひとりであるからです。

もし自分のパーソナリティ因子のスコアを把握したい方は、こちらの記事にある診断から、ほんの1、2分で簡単にスコアを把握できますので、受けてみてください。

さて、情緒安定性の話に戻りましょう。この性質については、私自身も心理学の専門家の書籍や論文などもあたりながら、なるべく個人的な解釈を交えずにお伝えしたいと思っていました。けれども他の因子については、スコアが高い場合も低い場合もそれぞれの長短バランスよく記述されているのに、情緒安定性のスコアが低いケースについてだけは、高いに越したことはないといった濁された表現で終わっていることが少なくありません。

ひょっとしたらそれは、心理学の長い歴史で「情緒安定性の低い人はネガティブな感情を抱きやすく幸福度が低い」とされてきたことや「外向的でポジティブな情動を抱けることこそが幸福度を高めるのだ」という見解がずっと主流を占め、支持されてきたせいかもしれません。

けれども、内向性が強く、情緒安定性が低いというパーソナリティを持つ人たちにとって「遺伝的に淘汰されずに残っているのには意味がある」といった話や「扁桃体がそう反応するから」といった話は正直あまり役に立つものとは言えないでしょう。なぜなら、生まれ持った性質だから仕方がないとあきらめることで幸福度が高まることはないからです。

最近は内向的な人たちの幸福(ウェルビーイング)についての研究も進んできているのは確かです。たとえば、メルボルン大学のローワン・ジャック・ハミルトン氏は「外向的に振る舞うことのコストとメリット」について調査しています。

この論文では、内向型の人が外向的に振る舞うことで得られるポジティブな感情(メリット)も確認できる一方で、ポジティブな感情によって引き起こされた倦怠感(疲れ)やネガティブな感情を覆い隠してしまうことがあることにも触れられています。

今回の結果は、人は外向的な行動をとることでウェルビーイングを高めることができるという考えを後押しするものであると同時に、注意を促すものでもあります。おそらく最も重要な発見は、気質的に内向的な人は、外向的な行動をとることで得られるウェルビーイングの恩恵が少なく、おそらくウェルビーイングのコストもかかるという観察結果です。

Costs and Benefits of Acting Extraverted: A Randomized Controlled Trial | Rowan Jacques-Hamilton University of Melbourne, Jessie Sun

しかしながら、この論文においても内向的な人たちにとってのより効果的なウェルビーイングの道筋を明らかにすることについては「次の課題」とされており具体的に述べられていません。

では、何が頼りになるのでしょうか。世に溢れる自己啓発書も、いわゆる外向型的な報酬志向性を持つ人には合うものであっても、内向型の人や、情緒安定性の低い人たちに寄り添うものばかりではありません。

外向性の強い人たちと同じような報酬(ゴール)を設定しても、内向型の人たちにとってはのモチベーションや行動につながらないばかりか、かえって自信を失ったり、劣等感を強めるリスクさえあります。なぜなら外向型と内向型では望んでいる報酬もしあわせの価値感も根本的に違うことが多いからです。

ありのまま」を謳うスピリチュアル系の情報も、その解釈を間違えば、現状で満足することがしあわせなのだ、という誤った理解につながりかねません。そのような情報を手に取る人たちが望んでいる本当のしあわせは、少なくとも何らかの不安を抱いている現状、そのような現状にとどまったところにはないのです。

だからといって自分のパーソナリティを否定したところにもありません。情緒安定性の低さやネガティブ思考を否定したり、無理にポジティブに考えようとしても、決して幸福度は高まらないということです。先のハミルトン氏の研究が示唆しているのもこの点でしょう。

現状にとどまらず、自分のパーソナリティ(ネガティブ思考)も否定しない。一見、矛盾することのように感じるかもしれませんが、真実はここにあります。

自分のパーソナリティを深く受容して、活かした先に、現状にとどまらない本当のしあわせが開けるということなのです。

INDEX

情緒不安定性という相棒とともに、幸せに生きる3つのヒント

もちろん、情緒安定性のスコアが低い人、とひとことで言ってもいろんな度合いがあるでしょう。私は心理学者ではありませんからこのような記事を書くことを、専門家は嫌がるかも知れませんが、科学的な裏付けのある、指針が得られないのであれば、情緒安定性が低くてもしあわせになれるという実体験にもとづく話の方が役に立つかもしれない、ということで本記事を書いておきます。

なぜなら、そのとある個人は「不安」を感じる自分でよかったと思っているからです。そう、私のことです。内向性にせよ、情緒不安定性にせよ、パーソナリティのすべてがしあわせに生きるのに不可欠な愛すべき相棒です。現在進行形でいつも一緒に過ごしています。

そんな個性的な相棒と、どのようにつき合えばしあわせに生きられるのか、3つのヒントをお伝えしたいと思います。

不安を感じる自分でよかった。しあわせに生きる相棒とともに生きる

かつて私は大きな企業で勤めており、管理職をしていました。そして管理職になったことで、私の中に50歳という区切りが設定されました。というのも、その企業では、マネジャー以上の職位にならなければ役職定年するのが常だったからです。その頃の私はまだ30代半ばです。

その当時、もちろん生活には困っていませんでしたし、当面の未来も問題なく過ごせるであろうと見込めるだけのお給料はいただいていました。いえ、むしろ多くの会社員よりもたくさんのお給料をいただいていたはずです。それでもとりとめのない不安を感じていました。今の働き方を続けた先に、しあわせな未来はない。自らの内からずっと警告が発せられていたのです。

15年先の自分を予想して不安を抱くこれを「わかる」と言う人も「わからない」という人もいると思います。私の旦那さんは、あまりピンとこない人でした(笑)けれども、未来に不安を感じる私だったから、その頃からビジネスのことを学び始めて今の私があります。彼は、私が抱く不安のすべてを、私の如く理解しているわけではないけれど、ずっと信じて応援しつづけてくれるパートナーであることに感謝しかありません。

正直、私はビジネスについても、起業塾で学んでどんどん結果を出していくタイプではありませんでした。なぜなら当時の起業塾で教える方法は、外向型の人には即、取り入れられても、私にはできそうにない、というよりも、やりたくないと思うようなハウツーも少なくなかったからです。さっさと成果を出していく人や、コンサルさんから見れば、なぜやらないのかわからない、そう思われても仕方なかったでしょう。

けれども自分でビジネスをするからには、自分をごまかしたり、偽ることはしないと決めていました。なぜなら、かつて自分の違和感や不安を無視して、働き続けてきた私があり、そこで手にした地図とは違う新たな地図をここからは手にしなければならないことを知っていたからです。

「違う」ということに正直であることはしあわせなビジネスをカタチにしていく上で欠かせません。この相棒たちがいてくれたおかげで、私は進むべき道に方向転換することができたのです。

ヒントその1:進んではならない道を教え、学びを与えてくれる存在とは?

情緒安定性の低い人は、先回りしてこのまま進んだらダメな道がわかる人なのです。とはいえ、進んではダメな道がわかったからといって、この道に進むべきだ、という希望と確信に満ちた道がすぐに見えるとは限りません。途方に暮れたり、周りを見てこのままではいけないと焦りを感じることももちろんあるでしょう。

けれども、しあわせに生きることや、しあわせなビジネスをカタチにする上で大切なことは、どこかの誰かを見て、進んではダメだとわかっている自分に合わない方法を取り入れたり、ちっともらしくない自分に変わることではありません。進んだ先に希望がないとわかったのなら、振り返って自分に合う道を見つけるか、あるいは切り開くしかないのです。

思うように前に進めない、一時停止のような時間があったとしてもそれは何も起きていない「無」の時間ではありません。それまでとは異なるベクトルに変えて進むには、それなりの力を貯める必要があるからです。ある意味慣れ親しんだ、それまでの道を進むのとは違う能力や知識を必要とする場面もあるでしょう。

けれども多くの人が勘違いしていることがひとつあります。

それは正しい道に進むための推進力やパワーを得るために、自分の外にある何かを頼りすぎているということです。たとえば、会社員をしながら副業を始めたり起業するというような分岐点に立ったとき、ビジネスをするために必要な最低限のことを学ぶことは否定しませんし、私もやってきました。ですから、すべての学びが無意味ということではありません。でも、外から得られる情報というのは、必要な力の3割にも満たないのです。本当に必要な力を授けてくれるのは、最新のツールや手法を使いこなすためのノウハウやテクニックではありません。

自分から学ぶことなのです。

不安や違和感を感じる性質はあなたが自分から学ぶことを助けてくれる存在なのです。

ヒントその2:手渡された地図ではなく、自分の地図を手にする

ここで、忘れてはならないとても大切なことをもうひとつお伝えしておきます。

それは、進んだらダメな道と、進むべき道を示すものは違うということです。あなたの不安や警告は進んだらダメな道を教えてはくれますが、進むべき道をガイドする存在ではないということです。心理学の世界で、情緒安定性についての扱いが、消極的である理由のひとつに、この点があるからかもしれません。

ではどうしたらよいのでしょうか。あえて極端な例えをすれば、情緒安定性の低さゆえに抱く「不安」「警戒」「違和感」は、崖からの転落を防ぐ安全柵のようなものです。本当に進むべき道はどこにあるのか。それは、少なくとも崖の方向にはないでしょう。後ろを振り向いて、崖から離れ、別の道を探さねばなりません崖や崖の安全柵に意識を向けっぱなしにしていてもその道は見えないということです。

情緒安定性はあなたにそのまま進んではならない道を教えてくれているのですから、不安や違和感を消すことは、崖の安全柵を撤去してその先に進もうとするのと一緒です。見えているのは崖からの転落であり、あなたが痛手を負うことがわかっているから警告してくれています。

情緒安定性の高い外向型の人ならば、道なき道を切り拓いた英雄(ヒーロー)と称えられることで、危険を冒したことも、ひょっとしたら崖から転落したことさえも、ヒーローという報酬で正当化される可能性もあります。

でも、もしあなたが内向型の人ならば、崖から転落するリスクを負ってヒーローになることに報酬もしあわせもありません。つまり、あなたが探している本当の宝ものや目的地は、誰かに手渡された宝の地図に記されてはいない、ということなのです。

情緒不安定性は、危険な崖があることや地図が違うことは教えてくれますが、しあわせという宝のありかを教えてくれている存在は別にあります。たとえば、あなたのパーソナリティや、人生におけるさまざまな経験を通じて育まれてきた、しあわせの価値感や、使命感です。これらが、あなたが進むべき方向を示すコンパスとなってくれるのです。

ヒントその3:コンパスを手にして進むとはどういうことか

さて、ここでもう少しだけ私の話の続きを書きます。このまま進んでいてはダメだと感じていながらも、走るのをやめることができずにいた私に、立ち止まる時間をくれたのは娘です。世間では女性は母になることで価値観が変わるといわれていますが、私はそうではないと思っています。

価値感が変わるのではなく、本来の価値感に気づくということです。母になるという幸せと責任を抱きしめながら、女性は気づきます。自分が握りしめていた地図は、自分のものではないことや、コンパスが示す方向は別の方向であったことに。

ここで多くの女性が直面するのは、自分のしあわせの価値感を見つめて、心から願っているのしあわせを手にしていくことへの壁です。私がお伝えしたいのは、新しい地図を探したり、正しい道に進むのにどんなに時間がかかっても、時間的、精神的、金銭的な余裕がないからとあきらめないで欲しいということです。

一見、それまでの地図を握りしめたまま生きる方が楽なように感じるかもしれません。ずっとそれで生きてきたし、慣れているからです。でも、ひとたび自分のしあわせの価値感に気づいたのなら、それを実現する方向へと進むための歩みを止めないで欲しいのです。もちろん遠回りしたり、思うように進めないと感じることもあるでしょう。けれども、その道のりのすべてが、あなただけの貴重な体験、学びであり、未来のあなたや、あなたが手を差し伸べていく誰かにとっての糧になります。

たとえば、私が今この記事を書いているのも、私自身が内向型であり、不安を感じやすい性質をもつ張本人だからです。そのような人がどうしたらしあわせに生きられるのかについて、自らを以って伝えるのが役目だと思っています。

自分の本当の価値感に気づいた女性や、内向型の人たちが、自分のしあわせの価値感に沿って生きる、はたらくためには、どうしたら良いのか。私が内向型の人たちに特化してしあわせなビジネスをカタチにするために必要な情報をお伝えしているのは、ビジネスの学びで得られる情報が、内向型の自分に即座に役立てられるものばかりではなく、葛藤や遠回りも私自身が経験して自分らしいカタチを見出してきたからです。

自分の個性、パーソナリティゆえに経験してきたことは、使命感にも通じていきます。その使命感に共感して出会ってくださったお客様の笑顔やしあわせが、あなたのしあわせやさらなる自己受容にも還元されていくことでしょう。

ネガティブ思考に陥ったり不安に思うことは、あなたが進むべき道、しあわせな道はそっちじゃないよということを教えてくれているだけです。自分を生きていてよかったという幸福感や充実感に包まれるのは、自分のパーソナリティも、それゆえに経験してきたことのすべてを活かして、あなたも誰かも笑顔になるときです。

自分に何ができるのかが今すぐわからなくても、大丈夫です。あなたの悩みが、かつての悩みとなるとき、その解決方法を伝えることはビジネスになるのですから。

友だち追加で特別動画をプレゼント!
LINE友だち追加
LINE友だち追加で特典動画プレゼント

スマホの方は下のアイコンをタップ!

友だち追加

特別動画のほかにも内向型のビジネスに役立つ情報やプレゼントを配信しています。

ぜひ友だち追加してくださいね。

静かな力を解き放て

この記事を書いた人

ろっぺん
内向型専門コーチ・コンサルタント。
自身が内向型であり、その経験を生かして内向型の大人、子供たちがしあわせに生きるための情報を発信。

内向型専門の起業の学び場「陰キャリ」を主宰し、内向性を生かした資産型ビジネスの構築法や、内向型のお子さんをもつママのためのコーチングも提供している。

INDEX
閉じる